男性にとって頭髪の毛が薄くなるのはとても悩ましいことです。これをどうにか改善して発毛をもたらす上でも育毛剤や発毛剤の使用、あるいは生活習慣の改善などは有効ではあるものの、そう効果に対して確たる保証を得ることはできません。しかし、この東京エリアで発毛したいと願う場合、それを叶えてくれるサロンや医療機関が数多く立地していることは大きな助けとなるはずです。東京エリアはその居住人数や人の行き交いが多いことから発毛に関するニーズが高いのも特徴的です。さらにそのニーズの高さゆえに一般的な発毛治療ではなく、全国的にも最高峰の医療機関やサロンが集中してしのぎを削っているのが現状です。そのため人気のないところはすぐに廃れ、人気と実力、患者の満足度が高いところだけが存続を許されているのです。そのため東京でこれらの治療を受けることは大きなメリットがあると言えるでしょう。

サロンではヘッドスパ、病院では飲み薬や塗り薬の処方が一般的

まずはサロンや医療機関のどちらを選ぶか、あるいは医療機関でも一般的なクリニックと専門クリニックのどちらを選ぶかの決断が求められます。サロンでは医療施術的なことは行わず、あくまで頭皮の汚れ除去やマッサージ、栄養分の補充などのヘッドスパ的な施術に止まります。その一方の医療機関になると医師の診療や検査結果に応じた治療法が展開されていきます。最も一般的な手法としてはプロペシアなどの飲み薬やミノキシジルなどの塗り薬を処方することで薄毛の原因となるAGAを治療して失った頭髪を取り戻すというものが用いられています。その他にも患者の生活習慣や健康状態などに頭髪の成長を阻害するものがないかをチェックした上で適切な生活指導や健康指導が行えるので、あらゆる原因に対応する形で発毛治療を続けていくことが可能です。

日本の中心の東京ならではの最先端治療が受けられるのも魅力

さらに東京で発毛治療を行うにあたっては、これらの飲み薬や塗り薬の処方以外にも様々な専門的な知識や手腕に基づいた最新施術を実施できるのも嬉しいところです。例えば代表的な施術としては成長因子や栄養分をカクテル上に混ぜ合わせた薬剤を薄毛の部分に注射していくことで発毛を促進させるという手法があります。これを二週間に一度くらいの割合で続けると大体6、7回から10回程度で頭髪に変化が見られ、薄毛の部分に頭髪が復活するのを実感することが可能です。そして自身の健康的な頭髪を毛根ごと採取して、それを薄毛部分に植え付けるという植毛治療も人気を博しています。この場合、遺伝子情報が全く同じ自分の頭髪なので定着率が高く、それを一生ものの頭髪として育てていくこともできるでしょう。他にも幹細胞などを用いて毛母細胞を復活させるという再生医療を実施している医療機関も全国的には数が少ないながら、しっかりと存在するのが東京のメリットです。日本の中心ゆえに最先端の治療が受けられ、それによって大きな発毛効果を得ることができるでしょう。